西翔記(さいしょうき)

私の日々の生活での記録、記憶書(アウトプット)の場です。

遊戯王デュエルモンスターズのアニメにハマってます

どうも、河西です。

 

今回は、

 

遊戯王 というアニメについて書きます。

 

遊戯王を知らない方にまず、遊☆戯☆王』(ゆうぎおう, YU-GI-OH!)は、高橋和希による日本漫画および、それを原作としたメディアミックス作品。気弱でいじめられっ子だった高校生、武藤遊戯古代エジプトより伝わる闇のアイテム「千年パズル」を解いたことを発端として、心の中に別人格であるもう1人の遊戯(闇遊戯)を宿す。この人格が正義の番人となって、悪人に「闇のゲーム」を執行し、そのカードゲームに負ける、またはルールを破った者に恐ろしい「罰ゲーム」を与えていくというダークファンタジーおよびダークヒーロー(アンチヒーロー)の要素を持った物語。当の高橋和希によれば、本作のコンセプトは「主人公が絶対人を殴らない格闘モノ」原作者高橋和希は「友情」「死」「愛」を三本柱に、そこに「自律」というキーワードも含んでいる。

 

武藤遊戯

海馬瀬人 (かいばせと)
ブラック・マジシャン

ブラックマジシャン
武藤遊戯(特に闇遊戯)が最も信頼するエースカード。魔法カードとのコンボで相手プレイヤーの強力カードを粉砕することが多い。

ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン
海馬瀬人が愛用するエースカード。作中では「あまりの強さに世界で4枚しか生産されていない」とされる。

ブルーアイズホワイトドラゴン
この二人のうち私はブルーアイズ系統が大好きですね。

ま、元から龍が好きで、私自身が初めて得たカードがブルーアイズホワイトドラゴンなんですけどね。

極めつけは、↓このモンスター(ディープアイズ)

ディープアイズホワイトドラゴン

で、今回紹介した上記のが最新のモンスターカード

です。それを公表したのが、この映画。私自身この作品はレビュー5をつけたくなりましたね。

ここで、ハマり具合として、海馬の「遊戯を、いや、アテム(闇遊戯)を葬るのは俺だった」というセリフですね。

最新技術での遊戯王(映画)

ほかにも神のカード

オシリスの天空竜オベリスク巨神兵、ラーの翼神竜の三体が存在しています。

三幻神

ちなみに、初期の遊戯王では、今からおよそ3000年前のエジプトからの要素を取り入れてます。それが↑三幻神の名前の由来みたいです。

 

最後に、遊戯王は日進月歩、よくわからないカードもありますけどね。

 

ちなみにブックオフやゲオなどで基本的一枚30円で買うことができます。

レア物は高額だったり・・・・。

 

ま、ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

次回:猫